無印良品 / はがして使えるコットン レビュー

無印良品 / はがして使えるコットン レビュー

メーカー:無印良品
商品名:はがして使えるコットン
容量: 60枚入り
オススメ度:★★★★★

カテゴリ

コットン

購入理由

実を言うと…私は基本的に無印コットンユーザーだ。
コットンにそこまでこだわりがない。
供給がタイトなRTAは浸透性の高いコットンを使うべきだが、ドリッパーは無印コットンで済ませる。毎日気軽に変えられるので、いつもフレッシュな味でVapingが可能。

無印コットンを長年使用していると、高いVape用コットンを購入するのもバカバカしくなる。

ちなみに、吸い始めのケミカル感は若干あるが、2パフ目から消えていく。
オフィスや車に1パック置いてあると安心。

コットンを変えて「味が全く違う! 」「ミストが○×▲!」 なんていうソムリエの舌をお持ちの方が羨ましい。


▲無印良品/はがして使えるコットン

メリット

・国産
なんといってもMade In Japan。特に深い意味はない。謎な安心感はある。

・激安
60枚入りで、税込210円。
しかも1つのコットンを4つに分けるので、更に経済的。
シングルビルドなら、240個分作成可能。
一日一回替えても金銭的なダメージはない。

・購入の手軽さ
無印良品店に行かなくても、ファミリーマートで入手可能。
VapeShopでビルドしてもらうと、実はこの無印コットンの確立が高い。

・無難なクオリティ
特別美味いワケではないが、悪い点も特にない。
味持ちが多少悪い気がするが、気にならない程度。
ちなみにリキッドの浸透も悪くなく、味の浸透も早い。
しかしモチベーションは上がらない。

…余談だが、ティッシュを緊急用コットンとして使用した事もある。

総合評価

完全にVaperの強い味方だ。
無難なクオリティで日常使用するのに、何の問題もない。
なんと海外では無印コットンを輸入して販売している VapeShopもあるくらいだ。

余談だが、Vape用コットンのリリースが少ない時代、『江原道』『クレ・ド・ポー』などの化粧用コットンを挙って使用したものだ。

ちなみに無印以外だと、Kendo Vape Cottonのノーマルがお気に入り。
Fiber Freaksは昔から苦手だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする