KOHIBA / Tabacco kustard レビュー

KOHIBA / Tabacco kustard レビュー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KOHIBA eLiquid 120ml
価格:2808円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

メーカー:KOHIBA
商品名:Tabacco kustard
サイズ:120ml
甘   さ:★★☆☆☆
深   み:★☆☆☆☆
クーラント:☆☆☆☆☆
メンソール:☆☆☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆

カテゴリ

バニラカスタード+タバコ

濃さ

・リキッドの濃さ:気にする粘度ではない。
・味の濃さ:美味しそうな香りだが、バニラカスタードリキッドとしては、若干薄い。

オススメの吸い方

大容量という事もあり、量を気にせずにスコンカーでバカバカ吸ってほしい。
チェーンも可能な味なので、トリックの練習にも丁度良い。

商品名からして、どうしてもRIPE VAPES / VCTを想像してしまう。
しかし、残念ながらVCTとは全く異なる味だ
代用品として購入するとがっかりするかもしれないが、コレはコレで美味い。

カスタードの美味さもしっかりあり、VCTより強めのタバコ感がクセになる
葉巻リキッドの様な強い感じではなく、基本的には誰でも美味しく吸えるタイプだ。

しかし、VCTの様な独立した甘さではなく、 デザート系のような甘ったるい甘さ。
コク(深み)も足りなく感じ、ゆっくり深みを楽しむタイプではない。
また、タバコの表現がVCTと全く異なっており、VCTのタバコ感が好きだった人はガッカリするかもしれない。
ゆっくりと味わうリキッドではなく、大味でバカバカ焚くリキッドだ。

マイナスイメージも入ってしまったが、単純にこの価格&この量で考えるとハズレリキッドではない。
大容量のバニラカスタードリキッドが欲しいという人には、オススメのリキッドだ。

総合評価

実店舗でも取り扱いが多いKOHIBAシリーズ。
大容量低価格のバニラカスタードとしては優秀だろう。
恐らく、多くの人がRIPE VAPE / VCTの代用品として期待してしまったと思う。
VCTとは違えど、美味しいリキッドなので是非吸ってみてほしい。

それにしても、バニラカスタードといえば今の時代、VCTがスタンダードになってしまったのか。
GVCがバニラカスタードの原点という考えは古いのだろうか…

↓おまけ

Grant’s Vanilla Custard

▲Grant’s Vanilla Custard
UKの伝説リキッド。
Vapeの定番ジャンルであるバニラカスタードを根付けた。

当時は個人輸入前提であり、発売アナウンスを逃すと手に入らなかったリキッド。
ファンタジー割り+スティープが大前提。
癖の塊であり、好きな人は好きだが、ダメな人はとことんダメ。
GVC派生のリキッドが現在でも多く見られる。

HAIGHTさんにて取り扱いアリ。
▲Grant’ Vanilla Custard 100ml VG100

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする