Vapeにおける偽物(Clone、Style、クローン)

■クローンとはコピー品

クローンの使用率が日本でも急上昇している。
VapeShopで堂々と使用する輩も現れ、しまいには店員すらクローン愛用者という事も…
驚く事に日本のAmazonで堂々と出品されている。

ここ数年でVape産業はトンデモナイレベルになった。
もはや“クローンは文化”と穏やかな事は言っていられないだろう。
Derringer RDAのPRAXIS VAPORSの『クローンが我々を有名にしてくれた』という話は、
もはや過去の話だ。
(今では超有名な誇り高いあのお店も…昔はクローンを販売していた。そういう時代だった。)

また、最近1:1cloneという単語をあまり聞かなくなった。
クローンの精度も全体的に上がってきたという事だ。
…むしろオーセンティックよりも品質が良いものもある。

特にクローン業界BIG3と言われる、SXK、SJMY、YFTKの品質はお墨付きだ。
※稀に残念なものもある。バリが酷くて血まみれになったという話も…。

■クローンで満足できるのか?

そもそもハイエンドを所有したいという人は…

・所有欲を満たしたい
・自慢したい
・美味しく吸いたい

上記のどれかに必ず当てはまるだろう。
偽物を使ってでも“美味しく吸いたいだけ”という人は、
クローンで満足できるのかもしれない。
(中華オーセンでも十分美味いアトマイザーはたくさんあるが…)

しかし…やっぱりカッコ良くない。イケていない。
何よりも丹精込めて設計したmodderに申し訳ないだろう。
Supremeの偽物ボックスロゴパーカーとは訳が違う。

私は、どうしてもオーセンティックを購入しないと気が済まない性分だ。
精巧レベルの問題ではない。外に持ち歩く事すら恥ずかしい。
偽物は偽物。いい大人が外へ持ち出すものではない。

■クローンを買う理由

しかし…
否定気味だった私も、実はクローンを購入する事がある。
それはハイエンドアトマイザーの購入(個人輸入)前だ。

実際にKennedy RDA、Nectar RDA、 Derringer RDAはクローンを購入してから、
オーセンティックを購入した。

やはり高価なハイエンドアトマイザーは、どうしても一度試したい。
周りに所有者がいない場合は尚更だ。
※もちろんクローンが全てのスペックをコピー出来ているワケではない。

しかし、現在は一昔前では考えられないマニアックなハードウェアを、日本のVapeShopで店頭販売してる事が多い。実店舗なら、その場で見せてもらう事も出来るし、ショップスタッフに相談する事も出来る。是非活用してほしい。

■クローン購入先

クローンは中国から誰でも簡単に購入が出来る。
ブランドのコピー品の様なブラックな雰囲気は全くない(大問題だが…)。
クリアーな気持ちで簡単に購入が可能。送料も基本的には無料。
もちろんクローン以外にも、Authentic標記のマスプロ品も格安で揃う。
セコイ転売ヤーの仕入れ先でもある。

もちろん返品対応等は全て英語になる。全てが自己責任。
※Vape初心者は絶対にクローンを購入してはいけない。指や口先がブッ飛んでからでは遅い。

▲FastTech
https://www.fasttech.com/
Vape業界のザ・ダイソー。頻繁に全品セールを行っているのでイベントは見逃せない。

▲3FVape
http://www.3fvape.com/
Vapeに特化したECサイト。メール対応も丁寧で迅速。発送トラブルも少ない。

▲GearBest
https://www.gearbest.com/
中華デバイスがメインだが、Vapeも多く取り扱う。フラッシュセールが激アツ。

▲ヤフオク、メルカリ、Amazon
転売品から中古品まで一通りが揃う。早く手に入れたい場合はいいかもしれない。

■Wotofoだって、元クローンメーカー

クローンメーカーはどんどんオリジナルをリリースしてほしい。
こう思っている人はかなり多いのではないか。

数年前の話だが、SXKのオリジナルであるNebula Wine Tank RTAは素晴らしかった。
漏れもなく、リキッド供給も良好。KangerTech / SUBTANK mini を確実に超えていた。

知識とデータを有効活用して、画期的なハードウェアのリリースを期待している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする