【完全合法】Vapeで大麻を楽しむことのできるCBDリキッドランキング

注意
当ブログは大麻の使用を推奨している訳ではありません

ちょっとディープな世界を知っている方なら試したことがあるかもしれない

大麻

もちろん日本では禁止されていますが、

「合法な国で試してみたり、クラブでちょっと・・・」

みたいなとこもありますよね。

もちろん私はしてないですよ !

その魅力にハマって日本でもなんとか試したいって方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は完全合法な大麻が日本にもあるんです。

その名も”CBD”リキッド

今回は日本で完全合法で楽しむことのできる大麻

”CBD”リキッドについてご紹介します。

↓早くリキッドが知りたい場合はこちらをどうぞ↓

CBDリキッドはこちら

完全合法のVape大麻リキッド”CBD”って何?

大麻は違法!って思われていますが、実は今の世界では医療系大麻を中心に大麻の存在が見直されています

最近、大麻を合法化している国も増えてきましたよね。

そもそも大麻の成分には主に2種類あり

違法:THC(テトラヒドロカンナビンール)
一般的に大麻の作用として知られる成分。
精神活性化作用(よく言うハイになる成分)があり、違法で日本では厳しく取り締まられている。
合法:CBD(カンナビノール)
大麻成分にうち40%を占めており、ハイになる作用はなく、不安感、焦燥感の緩和などの医療大麻に使われる成分。もちろん合法

の2つに分かれています。

大麻を取り締まる法律の”大麻取締法”の

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

出展より

の部分をクリアしているので日本でも取り扱いをすることができます。

CBD成分は認定された大麻植物から茎および種子(雄しべ)から作製することができ、法的に認められている部分からCBDを抽出することができ合法化されています。

ちなみに大麻は吸うだけだと罰せられません。
所持や栽培、譲り受け、譲り渡しなどをしていると罰せられます。

おかしな法律ですよね。なんども言いますが大麻の使用を推奨している訳ではありません。

日本ではまだ有名ではないですが、欧米ではカプセル、ペースト、座薬なども開発されており、食品としてお茶、コーヒー、ミルク、水、はちみつなどに配合されたものも発売されています。

調べていくと大麻リキッドなどもありましたが、これは大麻に茎、種子以外の部位から違法の”THC”を抽出したものであり違法です。

CBDリキッドの効能

残念ながら日本ではCBDは医療品として認められておらず、薬事方でその効果を謳うことは禁止されています。
簡単に言うと

これで何かが治りますよー

と言えません。

ですが医療品として認められていないので処方箋なしで販売をすることができます。

ちなみに医療品としての研究は進んでおり

  • ストレス緩和
  • 不眠症改善
  • 統合失調症
  • うつ病
  • アトピー性皮膚炎
  • 摂食障害(拒食症)
  • 癲癇(てんかん)
  • 薬物依存
  • アルコール依存症
  • 強迫性障害
  • パーキンソン病
  • 白内障
  • 緑内障
  • ハンチントン病
  • ALS
  • 脳卒中
  • 心疾患
  • 肝疾患
  • 外傷性脳損傷(TBI)
  • 血圧改善
  • 細胞炎症の緩和
  • 便秘改善
  • ガン(癌細胞増殖抑制)
  • 脳腫瘍
  • AIDS
  • 自己免疫性ぶどう膜炎
  • 繊維筋痛症
  • 骨粗鬆症

の症状を緩和してくれる効果が欧米では報告されています。
難しい病名も含まれていますが

”集中力が増してリラックスができ、体の不調が治る”

ってことです。

もちろん効果には個人差がありますよ。
もちろん天然成分なのでオーガニック製品と言えます。

大麻成分”CBD”リキッドの選び方

CBDリキッドはCBDが配合されているので他のリキッドよりも値段が高いので合わない物を買ってしまうととんでもなく損をしてしまいます。

選び方のポイントとしては

  • CBDの濃度は低めから試そう
  • 味は”カンナビスフレーバー”以外がおすすめ
  • 低抵抗、低ワットでじっくり吸おう

です。

CBDの濃度は低めから試そう

CBDリキッドはCBDの配合濃度から選ぶことができます

濃度が高い方が効果も高くタバコにもあるキック感を味わうことができるのですが、値段も高くなってしまいます。

どうやら濃度が高いと少し刺激がありそれがキック感の元になっているみたいなので喉を痛めてしまう場合もあります
まずは低濃度からじっくりと試していって自分にあった濃度を選びましょう。

私は高い濃度でも大丈夫でしたがVape友達は喉が痛いといっていましたよ

味はカンナビスフレーバー以外がおすすめ

CBDリキッドは通常のリキッドと同じように様々なフレーバーがあります。
これだけはいっておきます。

カンナビスフレーバーは美味しくないです。

まずい草を燃やした味がします。色々なリキッドを吸ってきましたが吸った瞬間にアウトなリキッドは初めてです。

個人的にはメンソールが一番吸いやすかったです。フルーツ系のフレーバーもあるのでおすすめです。他のリキッドに混ぜる用にノンフレーバーもあったのでお試しください。

調べてみると”カンナビルフレーバー”は本物の大麻の味を再現しているみたいです。
本物を吸ったことのある方向けみたいですね。

高抵抗、低ワットでじっくりと吸おう

もともとCBDリキッドは爆煙向きのリキッドではありません

吸い方も通常のVapeとは違い煙をすぐに吐き出すのではなく、
肺の中に5秒ほどためてからゆっくり吐き出す吸い方を推奨しています。ワット数が高いとCBDがうまくミストに乗らずに効果を発揮できない場合があります。

また濃度が高いCBDリキッドは少し刺激性があるので熱が強すぎると刺激が増してしまう可能性があります。

CBDリキッドは高抵抗、低ワットでじっくりと味わうようにしましょう。

完全合法Vape大麻成分CBDリキッドおすすめランキング

では世間で言う違法な”ハイになる成分(THC)”を抜いてCBD(合法の成分)のみを抽出したリキッドをご紹介します。

天然成分であり、大麻成分であることから

生産過程から販売まで、法令を遵守しているメーカ、商品

を選ぶことが重要です。
何種類か販売しているメーカーはありますが

  1. CANNAPRESSO(カンナプレッソ)
  2. Koi(コイ)
  3. NATUuR(ナチュール)
  4. PharmaHemp(ファーマヘンプ)
が特に質が高くおすすめです。

Youtuberが紹介で一躍有名に【CANNAPRESSO(カンナプレッソ)】

アメリカ発のリキッドブランド。

Youtuberの方がで商品をを紹介していて有名ご存知の方もいるのではないのでしょうか?

CBDの濃度が100、300、500、1000と選ぶことができ、国内で買うことのできるCBDリキッドの中では最高級の質を誇ります。

味も豊富で味も豊富で

  • Menthol
  • Cherry Mint
  • Grape blackcurran
  • Tabacco
  • Straw melon ice
  • Strawberry
  • Natural hemp
  • Mango
  • Flavorless

から選ぶことができます。

おすすめはメンソール
しっかりとキック感があって吸っている感じがします。さっぱり系のリキッドが好きな方におすすめできます。

CBD初心者におすすめ【Koi (コイ)】

こちらもアメリカのメーカーです。
CBDの含有量が250、500、1000mgまで選ぶことができます。

フレーバーは

  • PINK ピンクレモネード味
  • BLUE ラズベリー&ドラゴンフルーツミックス味
  • WHITE ノンフレーバー
  • JADE(GREEN) ウォーターメロン&グリーンアップルサワー味
  • RED イチゴミルク味
  • GOLD バニラ・カラメルカスタード味
created by Rinker
¥11,800 (2019/05/22 22:51:27時点 楽天市場調べ-詳細)

から選ぶことができます。味は普通のリキッドと同じなのでとても吸いやすく初心者の方でも楽しむことができます

おすすめはBLUE。爽やかで、ほんのりとフルーツが香り、ラズベリーの風味が鼻を抜けます。味も濃くないので長い時間味わうことができます。

CBD配合量最多の2400mg【PharmaHemp(ファーマヘンプ)】

スロベニア産のCBDリキッドブランドです。

  • カンビナス
  • メンソールブルー
  • バニラカスタード
  • グリーンアップル
  • ライム
  • クリーミーストロベリー
  • アマレナチェリー
  • ハニーデューメロン
  • ティラミス
  • ピニャコラーダ

と10種類から選ぶことができます。特にスイーツ系のフレーバーの数が多く、甘いフレーバーが好きな方におすすめ。

また国内では最大級のCBDを2400mg配合しているものもあるので、更に濃いCBDを味わいたい方はぜひ。

一番本物に近い味わい。【NATUuR(ナチュール)】

大麻の本場とも言える、オランダ産のCBDリキッドです。

100、200、420mgと選ぶことができますが、リキッドの種類的に200、420の方が種類が多いのでそちらを選ぶと良いです。

種類は8種類ありますがどのフレーバーも独特のカンビナス(大麻の香り)がするので。
本物志向の方向けです。

やはり本物を知っている方の口コミはNO.1でした・・・。

国産完全合法Vape大麻リキッド『Steam Clinic with CBD』

今までは海外産リキッドしかなかったのですが、ついに国産のリキッドが発売されました。

濃度は200mgと少ないものの、安心の国産で、フレーバーも

  • Fruity Honey(フルーティハニー)
  • Bitter Smoke(ビタースモーキー)
  • Nutty Chocolate(ナッティチョコレート)
  • Herbal Menthol (ハーバルメンソール)

の4種類から選ぶことができます。
さらにより良い環境で味わってもらうためにアトマイザー付きのセットも販売されています。

今は公式サイトからしか購入することしかできませんが、楽天などの通販でも発売されるといいですね。

Steam Clinic with CBD公式サイト

合法大麻成分CBDリキッドのよくある質問

特別な成分が配合されているリキッドなので少し気をつけた方が良い点もあります。
気をつけてより良い環境で楽しみましょう。

CBDオイルもあるけどVapeで使うことができるの?

実はCBDリキッドにはCBD成分をココナッツオイルやオリーブオイル配合させた”CBDオイル”も存在します。

CBDオイルは口からそのまま食べる経口摂取が推奨されており、効果もVapeよりも弱いのが特徴です。

無理をすればVapeでも吸えなくはないのですが、苦いだけで美味しさは全く感じないので辞めておいたほうが無難です

タバコの先に垂らして吸う方法もあるみたいです。ですが同じくとても苦いのでVapeが一番摂取効率がよく美味しく味わうことができます。

使用制限はあるの?

明確には記されていませんが、もちろん吸いすぎはよくありません。

吸いすぎると体調が悪くなったり、判断力が鈍ったりする場合もあります。
医療用大麻の摂取量を目安に1500mg/日ほどにしておいたほうが良いです。

デメリットはあるの?

デメリットは特にはありません。

ですが普通のリキッドより値段が高いのでコスパはよくありません
また効果にも個人差があるので本物のような効果を期待している場合は期待外れに終わることもあります。

まとめ

日本でも合法で大麻を楽しむことができるんです。

ですが、用法を正しく守って使用しましょう。

間違っても違法な”THC”入りのリキッドは使わないように。本当に捕まります。