VANDY VAPE / Lit RDA レビュー (プレオーダー)

VANDY VAPE / Lit RDA レビュー (プレオーダー)


メーカー:VANDY VAPE
商品名:Lit RDA
サイズ:24mm

スペック

・サイズ:24mm(24 × 31.4mm)
・スレッド:510
・Driptip:810(未確定)
・デュアルコイルデッキ
・BF対応

セット内容

・アトマイザー
・マニュアル
・18mm Delrin Drip Tip
・18mm Ultem Drip Tip
・スペアパーツ
・ツール


▲Driptipは未確定だが、恐らく810(ハーフインチ)サイズだろう。

特徴

勢いのあるVANDY VAPEから新作ドリッパー、Lit RDAがリリースされる。
24mmのデュアルコイル前提の爆煙ドリッパーだ。コイルを挟み込む『クランプタイプ』を採用した特徴的なデッキ。

使い勝手は不明だが、メッシュ、クラプトン、単線と幅広いコイルに対応している。意外にもエアフローは絞り込める構造だ。

またエアホールが2タイプ搭載されており、好みのタイプを選択できる。

もちろんBFピンも付属するのでスコンカーでも使用が可能。完全フレーバーチェイサーなBerserker MTL RDAとは正反対のタイプだ。

旧ボトムフィーダーアトマイザーを現代版にアップデートしたイメージ。 セオリー通りのレギュレーテッドでジワジワ仕様(旧ボトムフィーダー)もいいが、メカニカルスコンカーでの運用が楽しみ。


▲Goonの改良版の様なイメージ。値段も手ごろなので流行しそうだ。

①特徴的なクランプタイプ

528 Custom Vapes / Goon RDAを彷彿させるクランプタイプを採用。イカついコイルをインストールする際はかなり便利だ。


▲完全にモンスターコイル向けのデッキ。国内では浸透していないがメッシュも対応。


▲コイルの縦組みも比較的簡単にセットが可能。ピーク材での調整も可能。


▲『挟むだけ』なのでストレスフリーだ。マイナスドイライバーでも締め付けが可能。

②2タイプのエアホールを搭載

トップキャップを回す事でエアホールの切り替えが可能。
『Small hole』『Diagonal line』の2パターンがあるが、味にどれだけ違いが出るのか不明。Small holeの方が若干絞り気味か。


▲切り込み入りトップキャップで調整もしやすい。構造的にもエアホールを遮断する事は可能そうだ。

③深いジュールウェル

スコンカーでの過剰なリキッドチャージにも対応した、深いジュースウェルが設計されている。更にデッキ部分のダブルオーリングで、トップキャップから滲み出るリキッドもガード。


▲これぞドライヒット知らずのドリッパー。見た目以上によく考えられているデッキだ。

④豊富なカラーリング

もはやVANDY VAPE定番となった4色。どんなデバイスにもフィットするカラーチョイスだ。しかし…レインボーも一定の需要があるのだろうか。


▲Black、SS、Gold、Raibow。ホワイトデルリンのDriptipも付属する。

セットアップ例

写真が少なく、同社Pulse BFに乗せている写真しかなかった。しかし、シンプルなデザインなので、どんなデバイスにも似合うはずだ。

ABS樹脂の恩恵もあるが、無駄な物を全て省いた設計なので驚く程軽い。 3Dプリンター?そんなチープな設計から生まれたMODの何がいいんだ?と食わず嫌いの


▲Source:#LitRDA (instagram)

購入先

※後日追加記入予定

まとめ

全体的に重厚な造りで、安さは全く感じられない。高級感すら感じるのは、さすがVANDY VAPEといったところだ。
そして、プリメイドクラプトンを愛用している人からは定番となった『クランプ方式』を採用。全体的に見ても、まるでGoonをフル改良したようなアトマイザーだ。

肝心の味の方も問題ないだろう。しっかりとサイドからエアーを当てにいっているので期待できる。煙量◎味◎使い勝手◎と、国内でも人気のスコンカードリッパーになる予感。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする